乾太くん8キロタイプ を設置して半年 使ってみての感想

おすすめアイテム
スポンサーリンク

洗濯物の多い我が家にリンナイのガス衣類乾燥機「乾太くん」が来て、半年が経ちましたので使ってみての感想を紹介します。

基本的には大満足しているので良かった点ばかりです。

スポンサーリンク

家事の時間節約は効果絶大

我が家は夫婦共働きなので、乾太くんを導入した一番の目的は時間節約です。洗濯機のおかげで昔の人に比べれば大幅に時間短縮になっていますが、それでも何が大変かというと「干す」作業です。

乾燥機付きタイプのドラム式も考えましたが、とにかくよく壊れるという話ばかり聞いていたので、洗濯機はまだまだ使えるし、乾燥機をいれることにしました。

本当に導入してよかったです!

我が家のルーティンは、夜全員がお風呂に入ったら、洗濯機をタイマーセットして、朝には洗濯が終わっている状態にします。朝、顔を洗うタイミングで乾燥機をセットします。帰宅したら取り出して畳むだけ。

これが毎日のことです。洗濯を干す時間って量にもよりますが、広げて伸ばしてハンガーや洗濯ばさみにつけて…なんだかんだ15分~20分くらいはかかりますよね。これを365日にすると、20分×365日=7,300分(121時間=5.06日)

1年間で5日分に相当しますよ!

かかるコストは、本体+設置費で約250,000円、乾燥コストはメーカーの計算上1回102円とされているので月に約3,000円、年間37,230円と安くはないですが、どれだけの時間が節約できるか。

お手入れも簡単です

本体の庫内は乾燥機なので作りが単純で、お手入れは洗濯機より全然楽です。普段は庫内の奥についているフィルターのゴミを毎回除去するくらいです。

フィルターの掃除

乾太くん フィルター

これが、紙フィルターみたいなのを毎回交換というと面倒なんですが、エアコンのフィルターみたいな感じで、ブラシでサッと取るだけです。

乾燥1回で結構ゴミが溜まります。

ゴミは固まっているので、ペロッとめくれる感じで楽に取れます。

このフィルターが最高です。紙だと都度買わないといけない面倒があるし、コストはかかるし、本当に楽です。

掃除は IKEAのPLASTIS 吸盤付きのブラシでやっています。これ人気でネットショップでは軒並み売り切れですね。

ほんとはこのゴミを取るだけのものなので100均とかでもいいのがあると思いますが、毛の固いものを選びましょう。お風呂を洗うブラシがよいと思います。

これがめちゃくちゃおススメです。我が家はお風呂で使ってますが、固さ結構いいです!

ドラム除菌機能

濡れた洗濯物を扱うので菌は気になりますよね。でも、ちゃんとドラム除菌機能がついているので、これも楽ちんです。

時間にして3分くらいで終わります。

我が家では2週間に1回くらいとそんなに頻繁にはやってないです。

音も静かです

我が家は出かける前に回していくので音はあまり気にしていませんが、洗面所の扉を閉めると全然気にならないです。

動画を撮ってみましたのでご覧ください。

※バックの「キュー」という音は、古くなった浴室の換気扇の音です(笑)

しいて言えば、金属製やプラスティックなどの固形のものがドラムにあたる時に「カタッ」とするくらいです。

取付けの高さ

洗濯機の上に設置する場合は、蛇口などの関係もあって、専用の台をおいてその上に設置するようになります。

身長153センチの妻では取り出すのも中々大変です。ゴミを取る際のフィルターも庫内の奥についているので踏み台は必要です。

踏み台はちょっとこじゃれたこの商品がおすすめです。

あとがき

いかがでしょうか?気になる点はお金がかかることくらいで、あとは大満足です。買おうか迷っている方は是非お勧めします。

家事が本当に楽になりすよ~!

タイトルとURLをコピーしました