【コスト削減】電子領収書なら収入印紙は不要なんです

ビジネス
スポンサーリンク

税込み55,000円以上(消費税10%)の商品やサービスの提供をした際に発行する領収書には通常200円の収入印紙が要りますよね。

振込みで代金回収したのに(55,000円以上)、あとから「領収書送ってください」って気軽に言われると、印紙代も郵送費もかかるのに…って思いませんか。

意外と知られていないのですが、領収書を電子で発行すれば収入印紙は省略できるんです。

スポンサーリンク

電子領収書とは

そもそも電子領収書ってなに?ってことになりますが、単純に領収書をデータ化してメールなどで送れば立派な電子領収書です。

ExcelやWordで作成したものをPDFにしたり、クラウドの会計サービスを利用している人は「領収書をPDFでダウンロード」みたいなボタンがあると思います。
(ExcelやWordファイルそのままは簡単に改ざんできるのでNGです)

無料の領収書作成サービス「イーレシート」

ExcelやWordが苦手だったり、クラウドサービスを利用していなくてもWeb上で簡単に、しかも無料でできる「イーレシート」というサービスもあります。

最初に簡単な会員登録をすればすぐに使えるようになります。

必要項目に入力して【作成】をするだけ。

過去の発行履歴も保管しておいてくれるので、ほんとに便利です。

電子領収書が収入印紙を省略できる理由

領収書に収入印紙が必要なのは印紙税の納入を証明するためです。
印紙税がかかるのは、経済取引にともなって作成される文書です。領収書は背景に経済的利益が発生することが推測できるため、文書としての領収書は印紙税の対象となります。

で、簡単に言うと、電子領収書は文書ではないので領収書を省略できるのです。

前述のイーレシートで発行される領収書には「電子領収書のため収入印紙不要」とちゃんと書いてあります。(実は僕もこのサイトを利用して要らないことを知りました…)

クレジットカード決済も収入印紙は不要です

クレジットカードでの取引の場合、現金のやり取りは発生しません。これは直接の金銭取引がない「信用取引」にあたるため、55,000円以上であっても、収入印紙は不要です。

ただし、領収書に「クレジットカードで決済」などと記載しておかないと印紙税の対象となります。

あとがき

最近、自分の仕事で領収書が欲しいと言われた時全てメールで送付しています。1件あたり収入印紙200円と切手代84円の284円と僅かの額ですが、振込手数料とかと同じで積み重なると中々の額になります。

知っておくと役に立つ情報でした!

この記事を書いた人
BOKU

アパレルのネットショップ会社に勤務しながら、デザインとかWEB制作、映像編集などを副業でやっています。

暮らしに役立つアイテムの紹介や、趣味のDIYに関すること、パソコンで自分が困ったことや相談されたことで解決したことなどを紹介しています。

「誰かのために役立つかもしれないことを綴ったノート」が誰かのために役立てば幸いです。

BOKUをフォローする
ビジネス
スポンサーリンク
BOKUをフォローする
僕のノート
タイトルとURLをコピーしました