会社やお店のホームページ 制作費・料金の相場はどのくらい?

ホームページ制作費 相場ワードプレス
スポンサーリンク

会社やお店のホームページをつくりたいけど業者に依頼すると「高そう」と思う人がたくさんいると思います。中小・零細企業や個人のお店、商店の規模で数十万~数百万円の見積もりを出されても現実的ではないですよね。

でも今どきホームページは持っておきたいし、集客にもつなげたい。小さい規模でもホームページを制作する料金の相場ってどのくらいなんだろう、という疑問にお答えします。

スポンサーリンク

ホームページ制作の相場について

条件によっても色々変わりますが、業者に依頼すると概ね下記のような費用がかかるのが相場です。

トップページ+15ページ+お問合せなどフォーム2つ設置した場合

トップページデザイン費100,000円〜
下層ページデザイン費50,000円〜
ページ制作費(1ページ20,000円 × 15ページ)300,000円〜
フォーム作成費(問合せ・申込みで2つ作成
1つ 30,000円 × 2)
60,000円〜
ディレクション費100,000円〜
初期費用の合計610,000円

これ以外に月額の更新費用が30,000円~などがかかる場合があります。

BOKU
BOKU

中小・零細企業や個人のお店、商店の規模でこの金額をポンと出せますか?

絶対仕事につながると確信できれば営業マンを雇ったり、お店を1店舗作るよりは格段に安いですが…でも簡単に出せる金額ではありません。

ホームページは作り方や会社で金額が大きく異なります

上記の金額のようにオリジナルデザインでホームページを作ると高くついてしまいます。これもあくまでも「相場」なので、これよりも安い業者、高い業者がありますが、会社の規模が大きいと高くなる傾向があります。

ただ、会社の規模が大きければ、技術や情報をもっていますので一概にデメリットばかりではありません。

一方で、テンプレートデザインを使ってホームページを格安で制作する業者もあります。個人的な意見としては、デザインに強いこだわりがなければテンプレートデザインでも十分だと思います。

テンプレートデザインで5万円ほどの格安で制作する業者、フリーランスなどはたくさんいます。

クラウドワークスなどで探すとかなり格安でできると思います。

ホームページ制作の見積りを依頼するために

僕も会社やお店のホームページを制作する仕事を請け負っていますが、

依頼者
依頼者

ホームページ作りたいけど、いくらですか?

と聞かれることがよくあります。

シンプルにそのように聞かれても…「家を建てたいけど、いくら?」と言われるのと同じで、家の大きさや間取りや材料などで大きく値段は変わりますので、答えられないです。

ホームページを作りたい目的

最低限どんな目的で作りたいのかをはっきりしましょう!

  • 会社案内、お店の紹介
  • 商品・サービスの紹介
  • 商品・サービスを販売したい
  • 来店を促す集客をしたい

この目的で必要なページ数や技術的なオプションなどがある程度別れてきます。

ホームページのページ数について

ページ数の数え方は業者によってかわる場合もありますが、概ねプリントする時のA4ページに収まる程度を1ページと換算することがよくあります。

会社案内というページの中でも、「会社概要」「代表挨拶」「沿革」など複数ページが必要な場合がありますが、どのくらいのボリュームになるかで料金が変わってきます。

パッケージ価格・パック料金がおすすめ

最初からパッケージ価格・パック料金を表示しているところがおすすめです。

明朗会計ですし、こちらの知識が無くても安心です。

10ページでまるごと98,000円とか、20ページで158,000円とか、料金は色々ありますが、パック料金になっているところを比較すると分かりやすいと思います。

月額料金制には注意

初期費用は低料金ですが、月額料金を契約をする業者も多くいます。制作会社とすれば初回制作をして終わりではなく、継続的に売り上げを確保したいので当然の施策ですね。

依頼する方にとってはすべてが悪いわけではなく、更新をしていかないと成果が出ないので、法外な金額でなければ契約するのも良いです。ただし、契約内容に注意しましょう。契約期間の縛りがすごく長かったり、最初は安いけどお金を払い続けて、結局高くついたりするケースもあります。

ワードプレスで制作して自分で更新する

現在の主流はワードプレスといういわゆるブログ形式でホームページを作るところが多くなっています。

ちょっと頑張って勉強すれば素人でも比較的簡単にできるようになります。

ただ、時間がない人はワードプレスで業者に作ってもらうことをお勧めします。ベースができていれば、更新は自分でできるようになります。更新方法は制作者に聞いたり、ネットで調べればいくらでも出てきます。

大事なのは作ってから更新していくことです

いくらキレイなホームページを高いお金を払って作っても見てもらえなければ全く意味がありません。見てもらうためには広告やSNSなどを上手く活用することが有効な手段ですが、見てもらえても、内容が薄ければ成果につながりません。

ホームページの中でのブログやお知らせなどをたくさん書き続けることが重要です。作って満足してはいけません!記事を書いていくことでホームページ全体のページ数が増え、キーワードも多くなるので検索エンジンの評価もあがり、閲覧数の増加にもつながります。

中小・零細企業、お店などでこの更新ができなければ、お金は無駄になります!

あとがき

商売をしていくうえでホームページは欠かせないモノになってきました。業者に依頼するにしても、自分で作るにしても多くの情報を採り入れて、後悔のないようにしましょう。

この記事を書いた人
BOKU

アパレルのネットショップ会社に勤務しながら、デザインとかWEB制作、映像編集などを副業でやっています。

暮らしに役立つアイテムの紹介や、趣味のDIYに関すること、パソコンで自分が困ったことや相談されたことで解決したことなどを紹介しています。

「誰かのために役立つかもしれないことを綴ったノート」が誰かのために役立てば幸いです。

BOKUをフォローする
ワードプレス ビジネス
スポンサーリンク
BOKUをフォローする
僕のノート
タイトルとURLをコピーしました