不要になったパソコンを無料で処分する方法

パソコン処分Windows
スポンサーリンク

古くなったり壊れたパソコンの処分って分からなくて結局そのまましまっていませんか。

パソコンは他の家電と違って自治体で粗大ゴミとして収集しないところが多いです。

またパソコンはハードディスクに記録が残っており、ゴミ箱をカラにしたり、初期化してもデータが残っていますので処理には気をつける必要があります。

処分は業者に依頼するのが良いのですが、「パソコン 処分」と検索するとたくさんの業者が出てきます。あまり信用できなさそうな所に依頼するのもちょっと不安です。

そこで、安心して依頼できる業者を使って、しかも無料で不要になったパソコンを処分する方法を紹介します。

スポンサーリンク

無許可業者にはパソコン処分を依頼しない

不要になったパソコンは国や地方自治体の認定工場で処分するのがお勧めです。無許可の業者は利用しないようにしましょう。

無許可業者の回収例
  • 町中を巡回
  • チラシを配布
  • ネットで広告
  • 空き地で回収

平成25年から小型家電リサイクル法がスタートして、資源の有効利用と環境汚染を防止する取り組みが始まりました。無許可業者は違法に廃棄したり、海外へ違法に輸出したりしているケースがあります。またケースによっては、ハードディスクの記憶情報を悪用される場合もあります。

国や地方自治体に認可されている業者にパソコン処分を依頼する

僕がお勧めする業者はリネットジャパンという会社です。リネットジャパンでは適正な手順・処理・管理体制のもと、パソコンなどのリサイクル処理がされています。

リネットジャパンの特長
  • 回収費・処分費は無料
  • 国や地方自治体の認可を受けている
  • どんなに古くてもOK
  • HDD(ハードディスク)が無いPCもOK
  • 壊れて動かなくてもOK
  • 不要になった携帯電話やタブレットも一緒に回収OK

パソコン回収の流れ

お申込み

お申込みフォームから回収内容・回収日時・回収先情報などを入力。

365日回収しており、最短翌日から可能です。

梱包

段ボールに回収品を梱包。ダンボールは自分で準備。どんな段ボールでもOKです。

回収可能なサイズ

縦+横+高さの合計が
140㎝以内

重量20kg以内

パソコン回収
画像引用:リネットジャパン

回収

指定の日時に佐川急便のドライバーが“印字済み伝票”を持ってきて回収。

伝票の記入は不要。不在時には、不在票が投函されます。

パソコン回収
画像引用:リネットジャパン

完了

回収品の処理が完了したら、登録のメールアドレスに連絡がきます。

パソコン回収
画像引用:リネットジャパン

HDD(ハードディスク)の処理について

パソコンのデータは法律に基づき自分で消去する必要があります。初期化をしてもデータは消えていません。

ソフトでハードディスクの記録を消去する

リネットジャパンで消去ソフトが用意されています。
 作業時間:5〜6時間
 対応OS:WindowsXP,7など

リネットジャパンに依頼する

政府機関・上場企業が採用する高度な技術で完全消去してくれて料金は3000円です。
消去証明書もついています。自分で消去する自信が無ければ頼んでしまうのがよいと思います。

自分で破壊する

ハードディスクは取り外して破壊することで記録を削除できます。

ハードディスク取り外し

デスクトップパソコンのフタを開けるとこんな感じです。赤で指している部品がハードディスクです。

ハードディスク取り外し

パソコンの機種によって取り外し方は異なります。接続されているケーブルも抜きます。

ハードディスク取り外し

本体から取り外したハードディスク。

ハードディスク取り外し

ハードディスクのフタは星型のネジ(トルクス)で留められていますので専用の工具がないと外せません。

トルクスねじをはずす工具はこのようなものがあります。

フタがはずれたらあとは、中にある円盤のような部品「プラッタ」を破壊すればデータは消去されます。(読み込むことができなくなります)ハンマーで叩いたり、ドリルで穴をあけると破壊できます。

ハードディスクを破壊する際はケガに十分気をつけましょう。

あとがき

いかがでしょうか?不要になったパソコンは法律に従って、環境のことも考えて正しく処分するようにしましょう。

この記事を書いた人
BOKU

アパレルのネットショップ会社に勤務しながら、デザインとかWEB制作、映像編集などを副業でやっています。

暮らしに役立つアイテムの紹介や、趣味のDIYに関すること、パソコンで自分が困ったことや相談されたことで解決したことなどを紹介しています。

「誰かのために役立つかもしれないことを綴ったノート」が誰かのために役立てば幸いです。

BOKUをフォローする
Windows 困ったときの対処
スポンサーリンク
BOKUをフォローする
僕のノート
タイトルとURLをコピーしました