花粉症対策の薬は【タリオン】が絶対おすすめ

花粉症対策暮らしに役立つ
スポンサーリンク

毎年2月中旬くらいになると、恒例のスギ花粉のシーズンが到来です。
僕の花粉症デビューは確か・・・25歳くらいだったから、かれこれもうすぐ20年近いベテランです。

僕の症状は結構重い方の部類に入ると思いますが、ここ3年はタリオンという錠剤に出会ってから、すっかり軽減しました。花粉症で悩む人にぜひおすすめです。

花粉症 薬
スポンサーリンク

タリオンについて

タリオンの基本情報

画像引用:QLIFE
画像引用:QLIFE
商品名タリオン錠10mg
一般名ベポタスチンベシル酸塩錠
製薬会社田辺三菱製薬 
効能・効果 ・ アレルギー性鼻炎
・ 湿疹・皮膚炎のそう痒
・ 蕁麻疹
・ 皮膚疾患のそう痒
・ 皮膚そう痒症のそう痒
・ 痒疹のそう痒

アレルギー症状を引き起こす原因となる体内物質、ヒスタミンの作用を抑えることによって、アレルギー症状を和らげる作用があります。(抗ヒスタミン薬)

市販について

現在のところ(2020年2月)タリオンは処方のみとなっています。(情報違ってたらすみません!)

製薬会社は市販の認可はとっているけど、発売日は未定のようです。

BOKU
BOKU

市販されたら絶対買いだめしよう

タリオンを使っての効果(個人の感想)

前述したように僕は花粉症の症状がひどく、目のかゆみ・くしゃみ・鼻水全てにおいてMAXな状態を何年も繰り返していました。

以前は通勤や仕事でも外回りで車にずっと乗っていたのであまり強い薬を飲むのも抵抗あったり、甜茶がいいとか、食生活の改善とか周りに言われ試したけど全然ダメでした。

いつだったか、看護師をしている義姉から「タリオンっていう錠剤がすごくいいから処方してもらえば?」といわれ、どうせダメだろうなと思いながら、病院へ行って処方してもらい服薬したら・・・・

「あれっ!そういえば全然花粉症の症状が出てない!」と、シーズン真っ只中なのに、花粉症であることを忘れてしまうくらい効果がありました!

説明には タリオン錠10mg なら1日2回服用とありますが、僕の場合、朝起きてから1錠飲めば効果が持続しています。

服用を始めてから3シーズン経ちますが、症状が出てきたなーっていう頃から飲みはじめれば十分効果があります。

今までの苦しみが何だったのか?夢の薬となりました!

花粉症には タリオンが絶対おすすめです!
※個人の感想です。

花粉症対策グッズ紹介

amazonでベストセラーの単行本

和歌山県の北山村産の「じゃばら」の果皮に青ミカンの果皮成分「ヘスペリジン」を加え、殻破砕花粉を加えた花粉じゃばらサプリです。 この「じゃばら」の果皮には、ナリルチンというフラボノイドが多く含まれています。

空気清浄機は花粉の時期には必需品。性能、コストに優れた商品です。

シュッとスプレーするだけで簡単です。花粉の侵入を防ぐアイテム。女性はお化粧の上からもOK!

目のかゆみが一番つらい!保護メガネは大切ですよ。

この記事を書いた人
BOKU

アパレルのネットショップ会社に勤務しながら、デザインとかWEB制作、映像編集などを副業でやっています。

暮らしに役立つアイテムの紹介や、趣味のDIYに関すること、パソコンで自分が困ったことや相談されたことで解決したことなどを紹介しています。

「誰かのために役立つかもしれないことを綴ったノート」が誰かのために役立てば幸いです。

BOKUをフォローする
暮らしに役立つ
スポンサーリンク
BOKUをフォローする
僕のノート
タイトルとURLをコピーしました