ワイヤレス スピーカー Tronsmart Element Force を使ってみた感想

ワイヤレススピーカー感想おすすめアイテム
スポンサーリンク

ワイヤレススピーカーを買ってとてもよかったのでご紹介します。

最近はワイヤレススピーカーもたくさん販売していて正直どれがいいかよく分かりませんでした。僕自身そんなに「音」へのこだわりはないので、高価なものは必要ない、でもどうせお金を払うならおもちゃみたいなのは嫌だ、という感じでした。

希望条件としてはこんな感じでした。

  • 予算5,000円~8,000円位
  • 防水機能
  • 低音強め
  • 持ち運びもしたいけどまあまあのサイズ感は欲しい
スポンサーリンク

Tronsmart Element Force TS-T4 を購入しました

ワイヤレススピーカーといえば、amazon Echo や JBL が有名ですが上記の条件とレビューを見ながらTronsmart Element Force にしました。

Tronsmart Element Force

【フルパワなサウンド】40Wの特製高出力オーディオドライバーと独自技術のSoundPulseテクノロジーにより、このサイズで考えられない程の超大音量と解像度の高い超美麗サウンドを再現します。また、EQ調整により、重低音、3D効果と標準の三つの効果を選択できます。

引用:amazon販売サイト
Tronsmart
画像引用:amazon販売サイト

Tronsmart
画像引用: amazon販売サイト

出力40Wと画像に記載はありますが20W×2です。

価格は5,480円です。

この画像を見る限り「なんかすごそう」なので購入を決めました(笑)

防水のイメージ写真はいかにも合成です。本当に大丈夫かもしれませんが、怖くて実際には試せません。

防水の等級を示す値はIPX7だそうです。
「一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない」という級でApple Watchも同じ等級のようです。

つまりお風呂やプールで使っていて「あっ!」って落としても、鼻歌歌いながら拾って無傷ということでしょう。

商品到着

ダンボール梱包を開けると、しっかりした化粧箱に入っていました。ケーブル類は別の小箱に入っていて日本語対応の簡単な説明書付きです。

Tronsmart Element Force

ケーブルは充電用( USB Type Cケーブル )と、外部出力ができる オーディオケーブル です。

出荷時に充電されていたのですぐに使用ができました。

持ち運びに便利な専用収納ケースも販売されているようです。(価格:1699円)

ペアリングについて

我が家は家族4人全員がiPhoneなのでアンドロイドでの実証はできていませんが、iPhoneでは問題なくペアリングできました。当然ながら複数台からのペアリングはできないので1台ずつになります。

音量について

早速音楽を再生・・・「いきなり爆音が~~!」想像以上に大音量でした!
本体にも音量調節がありますが、スマホの音量で調節できます。

低音の「ドスドス感」も結構あって、木製ソファのひじ掛けにスピーカーを置くと全体に振動がくる感じです。

音量を上げても音割れもしないので、防音のある所や迷惑にならない屋外であればEDMをガンガンやるのも良いかもしれません。

通信について

販売サイトでは「障害物無しで30m」と記載があります。自宅室内で試すと、5mほど離れると接続が弱くてブツ切れ状態になってしまいます。

お風呂場でも試しましたが、スマホは脱衣所において浴室の扉を閉めるとやはりブツ切れ状態になってしまいます。(扉を開けると問題なし。でも寒い。)

あくまでも我が家での検証ですので、本体の個体差や環境によってことなるとは思います。

再生時間・充電について

販売サイトでは「最大15時間の連続再生が可能」とありますが、そこまで試すことはしていませんが、かなりの時間再生はできました。(商品レビューでは7時間ほどだという書込みも)

バッテリーの残量はBluetoothペアリング中のiPhoneから確認もできます。

ペアリング中に表示されるイヤホンの右側にあるバッテリーアイコンが残量を示しています。

Tronsmart バッテリー残量 見方

充電はおよそ3時間ほどで完了しますのでストレスもありません。

サイズについて

サイズ:25.2 x 12.6 x 7.1 cm
重量:1.05 Kg

タバコと比べるとこんな感じです。

Tronsmart Element Force

その他の機能

防水仕様

全体的にシリコン外装で衝撃にも防水にも強そうです。スイッチ周りもこんな感じです。

Tronsmart Element Force

マイク搭載&音声アシスト対応

マイクが内蔵されていて、ハンズフリー通話にも使用可能です。またペアリングされている状態で電源ボタンをちょい押しすると、iPhoneであればSiri機能も使えます。

MicroSDカードとラインイン

MicroSDカードを挿入できるスロットルがついており、データ保存されている音楽も再生できます。またオーディオケーブルを使ってステレオやパソコン、テレビなどにも接続できます。

Tronsmart Element Force

あとがき

オーディオの知識がない僕でなくても、レビューを見るとマニアの方も大絶賛をしていたので、間違いない商品だと思います。

2台ペアリングでさらに臨場感ある音を作り出せるようなので、次は追加購入してその音を試したくなりました。

この記事を書いた人
BOKU

アパレルのネットショップ会社に勤務しながら、デザインとかWEB制作、映像編集などを副業でやっています。

暮らしに役立つアイテムの紹介や、趣味のDIYに関すること、パソコンで自分が困ったことや相談されたことで解決したことなどを紹介しています。

「誰かのために役立つかもしれないことを綴ったノート」が誰かの役に立てば幸いです。

BOKUをフォローする
おすすめアイテム
スポンサーリンク
BOKUをフォローする
僕のノート
タイトルとURLをコピーしました