【元駆除のプロが教える】チャバネゴキブリ が自宅に出る原因と駆除方法

チャバネゴキブリ 自宅暮らしに役立つ
スポンサーリンク

最初に恥ずかしいことを申し上げると、僕は元ゴキブリ駆除のプロでしたが、自宅にチャバネゴキブリが発生してしまいました。

この記事を読んでいるということは自宅にゴキブリが出ていて困っている人だと思います。ほんと、ほんと嫌ですよね~!クワガタとかとそんなに見た目が変わらないのになんであんなに嫌な気分になるのか・・・。あの、カサカサっと早く走る動きでしょう。

そして、よく一般家庭でみる大きなクロゴキブリではなく、飲食店などで繁殖するチャバネゴキブリが自宅に出たらもうそれは修羅場です・・・。

実は・・・僕んちもその修羅場と化したのです!

では僕んちがどうやって対策したのかご紹介します。

スポンサーリンク

チャバネゴキブリが危険な点

驚異的な繁殖力

チャバネゴキブリは現在、国内で一番多く生息していると言われています。寿命は3~6ヵ月と短いですが、1個の卵から約40匹~50匹ものゴキブリが生まれ、寿命を全うするまで約200匹~250匹のゴキブリを産む計算です。

また卵からかえって成虫になり、卵を産み始めるまでに必要な期間は、なんとたったの2ヵ月で、ものすごい勢いで増えていきます。

この繁殖力が一番危険です。

チャバネゴキブリ 繁殖
チャバネゴキブリ 繁殖

見て見ないふりをして問題先送りにするととんでもないことになります!

電化製品の故障の原因

衛生的にもう使いたくなくなるというのもありますが、最悪の場合はショートして火事の原因となることもあります。ほんとに注意しましょう!

菌などを運ぶ可能性も

ゴキブリは不衛生なところを行き来していますので菌を運んでくる可能性もあります。

チャバネゴキブリが自宅に発生する原因

クロゴキブリは玄関や窓の空いた瞬間に入ってきたり、排水口から入ってきたりしますが、チャバネゴキブリはちょっと違います。普段は外でちょろちょろしているわけではありません。

スーパーからの買い物荷物

最近、スーパーでも買い物袋の有料化によりダンボールで持ち帰るところがあります。それ、結構やばいです。スーパーの店内は食料品の冷蔵で室温は低いので、ダンボールなどの隙間に入っていることがよくあります。

ダンボール ゴキブリ
スーパー ゴキブリ

宅配便の荷物

同様に宅配便の荷物のダンボールも侵入経路になります。

宅配便 ゴキブリ
宅配便 ゴキブリ

近所の飲食店

マンションの1階や近隣に飲食店がある場合は、お店で駆除作業とかした際に逃げて入ってくることがあります。

レストラン ゴキブリ
ラーメン屋 ゴキブリ

チャバネゴキブリが自宅内で集まる場所

ゴキブリが発生する場所のキーワードは「水」「熱」「食べ物」「隙間」です。つまりキッチン周辺が全ての条件を満たす場所となります。

熱は電化製品のモーター周りになりますので、冷蔵庫・電子レンジ・食洗器・炊飯ジャーなどが危険な場所です。隙間はシンクの下の棚の隅っこや引き出しなどが締まるところなどです。

ゴキブリ駆除
ゴキブリ駆除
ゴキブリ駆除

発生している形跡の見分け方としては、黒っぽいゴマくらいの糞が複数ついている場所が目印です。ゴキブリは糞から発生するフェロモンで仲間に情報伝達をしているといわれています。つまり糞で「ここに餌場がある」とかの情報を仲間に知らせているのです。

また結構数が増えてきて熱源のところに集まるようになると、独特なニオイがします。言葉では説明しにくいですが、湿って腐っている葉っぱのようなニオイです。

チャバネゴキブリの駆除方法

業者に依頼しても良いと思いますが、料金は相場で20,000円~30,000円くらいだと思います。しかも一度では終わらないことがあるので費用はかさみます。

これから説明する方法は自宅で費用も最小限に抑えるやり方です。

方法としては単純で、バルサンとかアースレッドなどのくん煙タイプの殺虫剤で効果的に作業をするだけの方法です。

準備するもの

くん煙剤

煙の中の約80%がミクロの殺虫成分のため、広範囲に隅々まで届きやすい。火は使用せず、水を使用するタイプ。複数回使うので3個入りを買いましょう。バルサンかアースレッドがお勧めです。いろいろなタイプが出ていますが、細かな機能は気にしなくて大丈夫です。

養生テープ

キッチンを養生(くん煙剤が漏れないように)するために使用します。ガムテープだと粘着が残ったり、壁紙が一緒に剥がれたりするので養生は養生テープを用意しましょう。

養生シート

キッチンの構造で養生の方法は変わってきますが、下の写真のような構造のキッチンの場合、ダイニングとつながる部分をシートで養生して少しでも噴霧範囲を狭めた方が効果的です。

キッチン ゴキブリ駆除

ゴキブリ駆除の流れ

  • 付属の火災警報器保護シートをつける
  • フタのない食べ物や調味料などは別の場所に移動する
  • キッチンスペースを囲める構造の場合はシートとテープを使って養生する
  • 殺虫剤を噴霧(約2時間放置)
  • 時間が経過したら養生を外して床は掃除機をかけ、棚などは軽く水拭きをする
  • 食器などは軽く水洗いする

この作業を2週間おきに3回以上行います。

駆除作業が終わったら、ゴキブリホイホイを数か所仕掛けておきます。これは捕獲目的というより生息調査みたいな感じです。調査目的なので、もしかかっていたらすぐに新しいものに交換するか、かかっている数を記録しておきます。(いなくなるまでを確認するため)

あとがき

以上単純な方法ですが、わが家はこの方法でピタリと止まりました。市販で見かけるホウ酸団子やエサを持ち帰って巣ごと根絶、みたいな商品はどちらかというとクロゴキブリ向けです。チャバネゴキブリはとにかく繁殖力がすごいので、今回紹介した方法で複数回やるのが最も効果的です。

チャバネゴキブリに困っている方はぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いた人
BOKU

アパレルのネットショップ会社に勤務しながら、デザインとかWEB制作、映像編集などを副業でやっています。

暮らしに役立つアイテムの紹介や、趣味のDIYに関すること、パソコンで自分が困ったことや相談されたことで解決したことなどを紹介しています。

「誰かのために役立つかもしれないことを綴ったノート」が誰かのために役立てば幸いです。

BOKUをフォローする
暮らしに役立つ
スポンサーリンク
BOKUをフォローする
僕のノート
タイトルとURLをコピーしました