柴犬 室内飼いの犬の毛 抜ける毛の対策方法を紹介

ペット

犬は本当にかわいいけど、飼ってみると分かる現実問題の一つに「抜ける毛」がありますね。我が家は柴犬が強く入ったミックスです。犬によっていろんなタイプの毛質がありますが、柴犬の場合3~5センチの直毛が無数に落ちてしまいます。

換毛期の時は本当にすごい量です。これから柴犬を飼おうとしている方や、飼い始めて抜け毛の対策に困っている方へ我が家で行っている方法を紹介します。

過去に我が家のワンちゃんを紹介した記事です。

換毛期はいつごろ?

一般的に夏毛、冬毛の生え変わる換毛期は、春(5〜7月)と秋(9〜11月)と言われています。その前後1~2か月で抜け毛が多いので、つまりほとんど1年中ですね…。

また、現在の犬の生活環境の変化によって、その時期は変わったりズレが生じているようです。室内で飼うケースが多くなってきていて、エアコンや暖房器具などで室内の温度が適温に保たれていたり、日照時間の感覚があまりなくて、一般的な周期とは変わってしまうことがあるようです。

柴犬の換毛期のお手入れ方法

我が家で行っている具体的なお手入れ方法を紹介します。

ブラッシング

このブラッシングが一番重要だと思います。抜け毛の処理もできますし、程よいマッサージ効果もあります。我が家ではこのファーミネーターを使っています。ブラシとは違って、周囲に毛が舞うことも少ないですし、一度に多くの毛が取れるのでとても便利です。

ファーミネーターで大まかに除毛した後は、体の表面に結構抜けた毛が残っているので、硬めのブラシで全体的にブラッシングをしています。こちらのYomaxer 抜け毛とり はコームとブラシがついていていますので、初めにコームでざっとやった後、ブラシで全体的にブラッシングします。

その他、グローミンググローブを使うこともあります。こちらは用途に合わせて使い分けているわけではなく、家の掃除の前に軽く除毛する時に使ったり、シャンプーの時に使ったりしています。

シャンプー

我が家の場合、大のシャンプー嫌いで、「お風呂」というワードを聞いた時点で怖がって震えだします。ですからシャンプーはそんなに頻繁にはやっていません。月に1回程度になります。

我が家に関しては抜け毛対策ということにはなりませんが、シャンプーが大丈夫なワンちゃんなら良いかもしれませんね。

ちなみにうちが使っているシャンプーはこちらになります。いくつか試しましたが、ティーツリーシャンプーが泡切れも良くて、乾燥後もしっとりとした仕上がりでとても使いやすいです。

ちなみにバリカンは使えませんでした

抜け毛がひどいと、いっそのこと短くバリカンで刈りたい衝動に駆られて、実際に買って試したことがあります。結果、柴の毛は固くてバリカンの刃が全然役に立ちませんでした。ペット用の安い商品だったからかもしれませんが、自然の摂理に従おうと思った瞬間でした…。

抜け毛の掃除について

いろいろ対策をしても、結局床には毛は落ちています。それが現実です。掃除をしないといけないのは犬を飼う上で宿命となります。ですから、掃除についてもいかに効率よく効果的に掃除できるかがポイントです。

コロコロは家中に置いています

毛を取るのにはコロコロは欠かせません。クッションや座布団やカーペットはもちろん、出掛ける前の洋服にも使います。ですから我が家には各箇所に数にして8個くらいあります。しかも使う頻度が高いので詰め替えのストックも大量においています。

コロコロはいろんなメーカーからたくさん出ていますのでどれが良いというのは難しいですが、自立式のケースがあることと、剥がしやすいという点で激落ちくんで有名なレックのコロコロを使っています。

掃除機

掃除機はルンバとかロボット系の掃除機はすぐに詰まりますので使えません。サイクロン式掃除機が良いと思いますが、ダイソンまで高価なものではなくても十分だと思います。ゴミが溜まる部分が見えているタイプが良いです。一度に吸い込まれると途中で毛が詰まることがあり、ゴミが溜まるところでそれが確認できるからです。

階段などは一度ほうきで掃除をするのがおすすめです。こちらのYaYbYcのほうきちりとりセットは長さの調節もできるので階段でも使いやすく、集めた毛もちりとりで回収できてとても便利です。

カーペットの掃除

カーペットに入り込んだ毛は掃除機で吸い取り切れない場合があります。そんな時にこちらのRICISUNG 抜け毛取りブラシがとても便利です。何というものでもシンプルな商品ですが、手軽で簡単に洗うこともできるので清潔です。

タイトルとURLをコピーしました