スマホ ながら運転はどこまでが交通違反?

暮らしに役立つ

携帯電話が普及して、「ながら運転」での事故が年々多くなり、違反も厳罰化されてきました。
2019年12月の法改正によって、運転中に携帯電話などで通話や画面を注視する違反「携帯電話使用等(保持)」の違反点数は1点から3点に引き上げ、携帯電話での通話や注視によって交通事故を生じさせる違反「携帯電話使用等(交通の危険)」の違反点数は2点から6点に引き上げられました。
つまり一発免停も可能性としてあります。

では、携帯電話・スマホの「ながら運転」のラインというのはどこまでかを調べてみました。

携帯電話 スマホなどの機器を持っての運転は違反

運転中の携帯電話での通話や操作はもちろん違反ですが、法律上は保持しているだけも違反となります。違反で捕まった時に「持ってただけ」というのは言い訳になりません。

スマホホルダー・スタンドを使っての操作は違反

保持していないからといっても、ホルダーやスタンドにセットした状態で走行中に携帯電話・スマホを操作すると違反となります。また、ナビ同様、「画面の注視」も違反となります。最近は車のナビではなく、スマホのナビを使う人も増えていますので、操作をしていなくても画面を注視すると違反となります。

信号待ちでの保持・操作はセーフ

道路交通法の解釈でいけば「停止しているときを除いてはNG」となりますので、走行していない、信号待ちの状態や完全に一時停止している状態であればセーフです。

渋滞中は停止していればセーフ

渋滞中は少しでも車が動いている状態であれば違反ですが、停止していればセーフです。ちょっと微妙なところですが、完全に止まっていたかがポイントです。

ハンズフリーでの通話はセーフ

Bluetoothなどを利用しハンズフリー機能を活用すれば、機器そのものを手に持っているわけではないので、違反対象にはなりません。
ただし、イヤホンやヘッドホンなどの場合、両耳に着用するタイプは外部の音が聞こえにくくなりますので、安全運転義務違反となる可能性があります。

タイトルとURLをコピーしました