起動しないパソコンから 別のパソコンにデータを移す方法

パソコン
スポンサーリンク

故障などによってパソコンが起動しなくなった時、ハードディスクが壊れていなければ他のパソコンを使ってデータは復旧できます。

先日、複数ある会社のパソコンの1台がCPUファンの故障か何かで、電源を入れてもすぐに落ちてしまい起動しなくなりました。購入から7年経過していて、動画編集などにも使っているので新しく買い替えることにしました。

しかし、作業中のデータを外付けハードディスクに保存していなかったので、このままだとそれまでの作業が無駄に…。でも大丈夫!別のパソコンを使って無事データをレスキューできました。その方法を紹介します。

この記事はデスクトップでの例ですが、ノートでも基本的には同じ仕組みです。

1・起動しなくなったパソコンからハードディスクを外す
2・別のパソコンの本体にハードディスクをつなぐ

ハードディスクを起動するには電源とUSB接続をする必要があります。

まず別のパソコンの電源を落とした状態で本体を開け、ハードディスク用の電源ケーブルのコネクターの口が余っていればそれを使用します。

USBは中の基盤に余っているスロットルを使用します。

ハードディスクを増設できるように電源コネクタが2つ付いています。

ハードディスクの電源コネクタ
マザーボードのUSBに接続する

このような感じでハードディスクをつなぎます。

3・パソコンの電源を入れる

接続ができたら電源を入れます。

起動中にDドライブのFixing(修復作業)が始まると思いますのでスキップせずに終わるまで待ちます。

4・エクスプローラーから必要なデータを取り出す

無地に起動したら「Dドライブ」(もともと空いていれば)の中から必要なデータを探して、バックアップやコピーをすれば完了です。

別のパソコンにつなぐ他の方法

別のパソコンに電源のコネクターがない場合は、「USB接続変換アダプタ」を利用すると本体を開けずに外側のUSB接続で可能です。

タイトルとURLをコピーしました